ホーム > 会社を知る > 社長あいさつ

president_full

会社は、社員のためにある。

「分社経営」「非同族経営」「利益配分」。

こんな考え方を持った会社は、きっと日本全国を探しても稀少でしょう。
これらはいずれも、創始者の「社員のための会社」、
そして「企業は永遠に存続しなければならない」という想いからきています。
私自身を振り返れば、就職活勤の最中、創始者からの「社長になりたくないのか?
サンラリーグループはそれができる場所だ」との言葉に入社を決意しました。
その後は、営業として結果を出しながら、ブランドを育てる過程で経営的視点を養い、交渉力や求心力を磨いてきました。 運もあったでしょう。

しかし、「誰にでも公平なチャンスがある」のがサンラリーグループの魅力。
まさにそのことを、身をもって実感しています。そして、これからも社員の誰もがチャンスを手に入れられる会社であり続けねばならないと、強く肝に銘じています。
我々の仲問になるのに、特別なスキルは必要ありません。
謙虚さや素直さ、正直さを持ち、成長できる伸びしろがある人。
そして、はっきり意見が言える人。求めるのはそんな人材です。
将来、既存のグループ会社や新たに分社する会社の社長をめざすのもいいし、
現場の第一線でブランドを育てる仕事に専念するのもいいでしょう。
将来のサンラリーグループを任せられる、次の若い世代をしっかり育てたい。
私をはじめ各社の社長一同、想いは同じです。

サンラリー株式会社 代表取締役
栗田裕久

エントリー